四季折々に写した写真や趣味の話題など・・・。
クマガイソウ
ゴールデンウィーク開けの今月8日、新居浜市へクマガイソウを見に行ってきました。
h245846.jpg



いつも見ていただいて、ありがとうございます。
゚・:,。★\(^-^ )♪ありがと♪( ^-^)/★,。・:・゚
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ   
ランキングに参加しています。
励みになりますので、ご訪問いただいた方は、
応援の一票(クリック)をよろしくお願いします。

h245810.jpg

h245850.jpg
(2012/5/8 愛媛県新居浜市「ゆらぎの森」とその近くにあるお宅で。)

<クマガイソウ>
・ラン科アツモリソウ属
・春に開花。
・竹薮の中で生えることが多い。
・栽培のやや難しい種類とされている。
・花の大きさは8cmくらいあり、日本の
野生ランの中では一番大きいとされている。
・葉・うす茶色の花の袋状のところを、
熊谷直実(くまがいなおざね)が背負った
母衣(ほろ)に見立てた。 が傘のようでユニーク。

<クマガイソウとアツモリソウ>
・この2つの名は平家物語の敦盛の最期の話にちなんでいる。
・神戸の一の谷の合戦で敗れた平家を追って
熊谷直実は、自分の息子と同じ年ごろの
敦盛の首を討ち取らざるを得ず、
その後、その霊を弔うために出家した。
・また当時の武者は、後ろからの矢を防ぐために
皆、母衣(ほろ)を背負っていた。
母衣 → 大きな風船のようにふくらませた布
(以上、「季節の花300」より抜粋。)

2012-05-31 Thu 09:30
別窓 | | コメント:2
| 四季の窓辺から | NEXT