稲刈りの後・・・。

霧の高原(塩塚高原)へ行く途中に見かけた風景です。
稲刈りの後の藁をかけてあるのを、私のところでは稲木(いなき)というのですが、
横に長くかけてあるのはよく見ますが、縦に高くかけてあるのは初めて見ました。
横に1列にかけるのは簡単ですが、縦にこんなに高く重ねていくのは
どういう方法でしたのでしょうか。
う~ん、考え始めると気になって仕方ありません。(笑)

(画像は、クリックで大きくなります。)




h2610408.jpg


h2610418.jpg


h2610416.jpg

いつも、見ていただいてありがとうございます。
゚・:,。★\(^-^ )♪ありがと♪( ^-^)/★,。・:・゚
  にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ   
ランキングに参加しています。
励みになりますので、ご訪問いただいた方は、
応援の一票(クリック)をよろしくお願いします。


h2610417.jpg


h2610435.jpg
(2014/10/4 愛媛県四国中央市新宮町で。)

<伊予の方言コーナー①>
・ここで、新しく方言コーナーを作ってみました。
 できる限り記事の最後に書いてみることにしました。
 クイズ形式にしますので、
 みなさんもお気軽にコメント欄からご参加くださいね。

・では、第1回目の今回は・・・。
 先日聞いたラジオのテーマになっていました。
「いなげ」 これはどういう意味でしょう?
 ヒントは、
 「あの人の格好、いなげやね~。」「あの人、いなげなことしてるよ。」
 とか言います。
・答えは、次回の記事で・・・。

コメント

§ こんにちは。

これは背が高い稲木ですね。
確かにこういうのは、見たことがないです。
だいぶ横に支えているので、倒れないのでしょうね。
先日、内子の石畳地区へ行く途中の屋根付き橋で写真を撮ったのですが、そばに稲木があったので、稲木と一緒に屋根付き橋の写真を撮りました。
1枚目を撮って、2枚めのシャッターも切ったのですが、そのときに音がして…。
よく見ると稲木が倒れていました!
どうも2枚めの写真を撮る前に倒れたようで、2枚めの写真は倒れた稲木の写真でした。
びっくりです。

「いなげな」 というのは、もう私たちはあまり使いませんが、父や母は時折、使っていました。
ちょっと懐かしい方言です。

§ 静さんへ

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

稲木、上へ重ねているのは初めて見ましたが、
これだけの高さ、上の方はどうやって重ねたんでしょうね。
稲木って前より少なくなった気がします。
でも、倒れたりすることもあるんですね。
あの藁の束も結構重いので、骨組みがしっかりしてないと
倒れるんでしょうね・・・。

いなげは私もたまに使いますが、
やっぱりお年寄りとか年配の人が使うことが多いんでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
記事は、予約投稿になっています。 いただいたコメントへのお返事が、 新記事と前後することがありますが、 ご了承ください。
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
旬の花時計
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
リンク
<別館の↓3列目からは、ブログ、HP共にそれぞれ新着順>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

hitoko

Author:hitoko
愛媛県(東予地方在住)
9月27日生(てんびん座) 
A型

ブログランキング
 
ブログ内検索
FC2カウンター